美容専門学校のオープンキャンパスに行こう

少し前までは美容専門学校へ行きたい人の理由と言えば、ほとんどが美容師やメイクアップアーティストと言っても過言ではありませんでした。現在ほどネイルアートも流行していなかったので、ほとんどが美容師になりたい人が通う学校というイメージが強かったというのもあるかも知れません。美容専門学校というのは中学校を卒業後高校卒業の資格を取りつつ、美容の専門分野についても学ぶことができるスタイルの学校と、高校卒業後に他の専門学校と同じく通うスタイルの学校があり、多くの人は高校卒業後に進学という形で美容専門学校へ進む人道を選ぶパターンでした。ですが美容師でもメイクアップアーティストでも、実際は現場へ出て先輩の技術を自分の目で見て学びながら、自身の糧としていくのが成長の方法というのは、少々古いと感じる方もいるでしょうが、専門的な技術である以上机上の理論だけでは成長しないのは事実です。

美容専門学校の形も自分に合ったものを選ぶ

更に美容専門学校に限った事ではありませんが、専門学校というのは形が色々とあるのも特徴です。専門学校は専修学校制度の一つで、高校卒業以上の人が入学資格を持ち二年以上の就学年数を要します。授業時間は年間800時間以上と決められていて、この規定を満たす事で文部科学省から専門学校として認められます。そこで大きく変わってくるのは、自分の希望する学校が学校法人なのかどうかという点になります。美容専門学校は学校法人の他に組合であったり、美容業者が主催する学校というのも存在します。このどちらが良い学校です、とはもちろん一概には言えないのですが、学校法人である方が美容業界との繋がりが濃く太く持たれている場合もあるので、後々に有利になるという事もあります。ただ、組合の美容専門学校は就職に手厚いなどのメリットもあるので、やはりよく事前に調べた上で自分に合った学校を選ぶようにするのがいいでしょう。

美容専門学校のオープンキャンパスへ行ってみる

美容専門学校を探す際に事前に情報を集めるのなら、やはり一番良いのは自分の足で学校を見学する事です。そんな人の為に向けたオープンキャンパスが開催されているので、気になる学校には是非行ってみるのが得策です。オープンキャンパスでは実際の授業を見学したり体験したりできるので、自分のスタイルに合っているのかも分かるのですが、その実習の内容がかなり充実しています。例えばシャンプーやカット、ワイディングにヘアアレンジなどに加え、メイクやネイルに着付けなども体験できる学校もあるので、美容師を目指していてオープンキャンパスに訪れた方でも他の美容に興味を持つきっかけになったりもします。実技の実習で入学を決める人もおり、保護者も見学する事が可能なので両親と共に訪れるのも一つの方法となります。